<< 2017年11月 >>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト    --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「年末のクリーニング屋」を語る    2008年12月28日 (Sun)
ども。あくびです。
現在年末大掃除中です。
うちは超関白宣言家庭なので、大掃除もあごで使ってやらせます。
嫁が。僕を。

今日はクリーニング屋に行きました。
スーツを4着、きれいきれいしちゃうのです。
大抵の汚れは、あくび家に代々伝わる伝説の魔法「ファブリーズでお茶を濁す」でなんとかなるのですが、さすがに節目節目で根本解決してあげないと、終いにゃファブリーズでは抑えきれない汚れになるもので。

んで、行きつけのクリーニング屋に行ったわけですが、まあ混んでる混んでる。
もうすごいのよ。
前が見えないのよ。
最寄り駅からずーっと行列になってる訳よ。
「みなさんご覧ください!この街はクリーニングの行列で街全体が埋め尽くされています!」
「押さないでください!押さないでください!」
「てめっ!俺の方が10cmさきだろがっ!」
「えーんえーんおかーさんどこー」
「今、国連軍がヘリコプターから降下していきました!これから制圧に入る模様です!」
「諸君!我々は平等なクリーニングを提供するため、独立国家『合衆国クリーニング』を宣言する!」


というのはウソで、前にふたりほど並んでいただけです。
で、あたしの番になったんですが。
まあこのクリーニング屋のおばあちゃんが手際が悪いのなんのって。

「はい、これは何かな。これはこれは、、、、スーツだね。」
みりゃわかるだろう。

「えーとこれは何色にしようかな。あ、色書いておかないとわからなくなっちゃうからね。えーとこれはえーと、、、、黒だね。」
みりゃわかるだろう。

「えーと、これは?染み抜き?染みってどこに染みあるの?ああ、これ?このワインで真っ黒になってる染み?」
みりゃわかるだろう。

「はいじゃあ5600円ね。はい、今いただいたのが、5000円札1枚と500円玉1枚と100円玉1枚だから、えーと、、、、5600円のおあずかりね。」
みりゃわかるだろう。

気がついたら僕の後ろにふたりのお客さんが。
そこでわかったのです。
クリーニング屋が混んでいるのではなく、単にこのおばあちゃんの問題なのだと。
スポンサーサイト
トラックバック(0)コメント(0)
<<「紅白2008」を語る home // 「パフューム」を語る>>
コメント
トラックバック
トラックバックURL
http://gyuunyuubin.blog86.fc2.com/tb.php/82-cd290213
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。