FC2ブログ
<< 2018年10月 >>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト    --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「刷り込み」について語る    2008年06月03日 (Tue)
ども。あくびです。

えーと、トラウマとは違うんです。
なんていうのかなぁ。
トラウマってのは悪い方の記憶がよみがえるやつじゃないですか。
悪くはないんですが、でも記憶が急によみがえり、そのときの気分になることを、日本語ではなんて言うんでしょう。
もしくはスワヒリ語でもいいです。
なんでもいいです。
とにかく教えてください。
インターネットをはじめたての大学生がエロ動画の視聴方法を周りに聞くかのごとく、とにかく教えてほしい所存です。

というのも、最近「そんな」体験をしたからです。
ああもう面倒くさいな。
よし。
仮にこのような体験を「バタフライ体験」とします。
意味はまったくありません。
ただ、専門書にこう書いてあったら、なんかそんな感じしません?
バタフライエフェクトとか、なんかそんな感じしません?

さて、「バタフライ体験」なんですが。
あたしの場合、ある曲なんです。


マイシャローナ


知ってますか?
洋楽です。
とってもかっこいい洋楽です。

「え、たかしくんって洋楽聴いてんの!?すげーじゃん!」
「まあね。日本の音楽より、洋楽の方が、こう、メッセージ性が強いんだよ」
「へー。因みにおすすめはなんてバンド?」
「いや、バンドとかじゃないから。俺くらいになると、洋楽全体が好きになっちゃうから」

で、おなじみの洋楽です。
なんだろうね。
中学生ぐらいの「洋楽かっこいい信仰」って。
あれか。
西欧崇拝の考え方が土着してしまっているのか。
GHQ的思想の定着か。
アメリカナイズドか。
アメリカンドッグか。
フランクフルトか。
これは違うか。


話を元に戻します。
マイシャローナ。
有名な曲です。
なんだかんだで皆さん聴いたことがあるかもしれません。
子供のころから懲罰房に入れられてて、ごく最近外の世界に出た人なら聴いたことないかもしれません。

歌詞にも「マイシャローナ」って単語が出てきます。


そんでね。
ここからが本題。
あの、この話をする前に、ひとつ約束してほしいんだ。
決して引かないでほしい。
これがまもれるひとだけ、この先をみてください。

あたしね、マイシャローナを聴くと、








助平な気持ちになるんです。







おーい。
帰ってこーい。
よっしゃ。
ここから全力で弁解させていただきます。
もう全身の腱という腱がひきちぎれてしまわんばかりに全力で弁解します。

ボキャブラ天国ってテレビ番組があったじゃないですか。
タモリさんのやつです。
「地獄のスナフキン 金谷ヒデユキ」とか「不発の核弾頭 爆笑問題」とか「邪悪なおにいさん 海砂利水魚」とか「わかめご飯大好きおじさん 福島まさのぶ」とかが出てたやつです。
最後のおじさんは出てなかった気がするけど、なんかそんなやつです。詳しくはウィキペディアあたりを見てください。
これって夜中10時くらいからやってたかと思うんだけど、番組後半になると、大人のボキャブラ天国がはじまるのね。
ちょっと助平なやつです。

んで、いつもはおとんにナイスタイミングで「早く寝なさい」とか言われるんです。
が、その日はおとんが帰りが遅く、大人のボキャブラ天国が観られるときたもんだ。
わくわくしながらテレビにかじりついていたわけです。
あ、かじりついていたと言っても、別に乳歯の生え代わり時期でテレビのような固いものをガジガジして歯茎のうずきに耐えていたとか、そういうことではないです。
比喩表現です。

そしたらね。
マイシャローナの音楽が流れてきたわけです。
そんで、ベッドで男と女がモゾモゾやってるシーンが画面に映し出されます。
そんで、女の方が「えー。今日もやるのー」とかいいます。男の方が「いいじゃんいいじゃん」とかいいます。
そんでまたベッドでモゾモゾします。
で、このボキャブラ。

「まーいにちやろーなー(マーイシャローナー)」

このボキャブラ自体に助平さは一切ないです。
問題は映像です。
なぜならば、あたしにとってそれは、紛れもない初めての「交尾」だったわけで、強烈なインパクトを受けました。
一種の刷り込みです。
ひな鳥は、一番最初に見た動くものを親と認識するそうです。
同じ理論です。
「マイシャローナ」は、「初めての交尾」という強烈なインパクトと同時に見せられることで、あたしの中では、世間一般の「名曲」という印象ではなく、「みだらな曲」という位置づけになってしまいました。

冒頭のバタフライ体験です。
もうここまででっち上げの言葉をしれっと使っていれば、違和感すら感じませんね。


とすればです。
このラジオ番組も、みだらな映像とともに流せば、「春眠亭あくびはみだらだ」ということになるのかしら。
そうすれば中二層のハートをがしっとわしづかみと思っていましたが、その手の人々との関係がハッテンしそうなのでやめときます。
それにしても今回はひどい日記だ。

あと、ラジオ更新146枚目。
スポンサーサイト
トラックバック(0)コメント(2)
<<「シャア専用お兄さん」を語る home // 「タイトルの知らない歌」を語る>>
コメント
久しぶり!
あくびくん、ついに復帰だね。

実は、俺も今日から寮のネットが開通して、やっと世界が広がった感じ。
あくびラジオ聞きながら、ひきこもるぞー!!
// 2008.06.07 // 11:41 // URL // yoshiki102% // Edit
あくび
ネット開通おめでとうございます。
たまには東京に帰ってきて、顔出してくださいな。
// 2008.06.18 // 01:44 // URL // あくび // Edit
トラックバック
トラックバックURL
http://gyuunyuubin.blog86.fc2.com/tb.php/68-252fd4c1
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。