<< 2017年09月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト    --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2007年04月15日 (Sun)
ども。あくびです。
あたし、週に一回は実家に電話するようにしてるんです。
こんなことを書くと、
「でたよ、あくびさんの『わたしは親孝行してますよ』アピール。何なの?細木数子にでも好かれたいの?」
みたいな感想をお持ちになるやもしれません。

いやね。
うちのおかんは重度の心配性でして。
ほっといても週に一回は電話してくるんですよ。
そんで間の悪いことに、あたしが寝てるときとかネタ書いてるときに電話してくるんですよ。
不機嫌になるでしょ?
そうすると、向こうも不機嫌になる。
結果、いろいろとお小言をちょうだいすることと相成るわけです。
下手すると大学に落ちた時の話とか持ちだされて、古傷に岩塩をゴリゴリとすり込まれるような思いをするんです。
だったらもう、自分の都合のいいときに電話しちゃる。
そんな具合で週一の連絡はかかさないわけです。

さて、電話をかけて誰が出るっていうと、大抵がおかんなんですが、たまーにかわいらしい声が聞こえてきます。

そう。
おかんが赤いキャンディーを食べて50歳若返ったのです。
ウソです。
っていうか元ネタみんなわかるのかしら。

本当は姪っこです。
姪っ子が舌足らずな声で応対してくれるのです。
もう、ほんとにかわいいもんね。
「おじちゃーん」
とか言ってくれると、天にも昇る気分ですよ。

ただ若干恥ずかしいのはね。
あたし、実家への定期連絡を「会社から駅までの道のり」でやるんですよ。
たくさんのビジネスマンとすれ違いながら
「おじちゃんでしゅよー」
とか言ってる24歳は結構はずかしいもんがあります。

さて、そんなかわいい姪っ子なんですが、最後に必ず
「おじちゃん、ういろう買ってきてね。」
を付け加えます。
どうもういろうが大のお気に入りらしいのよ。
いつもそんなことを言うもんだから、
「よっしゃよっしゃ、おじちゃんがたんまり買ってきてやるよ!」
なんてことになるわけだね。

これ、まずいよなー。
まだういろうだからいいよ。

「おじちゃん、銀座清月堂本店の小倉もなか買ってきてね。」
「おじちゃん、ミクニ本店のシェフがつくった料理食べさせてね。」
「おじちゃん、炭坑の所有権ちょうだいね。」

てなことを言われたらどうするんだよ。
そして、ことごとく
「うん、いいよ!待っててね!」
なんて言いそうだもんよ。
炭坑買えないもんなー。

うちの姉貴に、あんまり高級なものを覚えさせないよう言っておかなければ。

あと、ラジオ更新130枚目。
スポンサーサイト
トラックバック(2)コメント(0)
<<タイトルなし home // タイトルなし>>
コメント
トラックバック
トラックバックURL
http://gyuunyuubin.blog86.fc2.com/tb.php/35-167bee11
初めて食べる味でしたがおいしくいただけました。一口サイズでパック包装なのであけたときに作りたてのように香ばしい香りが広がります・浅草はとってもにぎやか・労働・ども。あくびです。 あたし、週に一回は実家に電話するようにしてるん ...・こまちみかん・駄文・寒い
もなかの思い入れ // 2007.07.30 // 11:54
このサイズで、数の多い物があったら良かったのですけど。・労働・ども。あくびです。 あたし、週に一回は実家に電話するようにしてるん ...・駄文 労働(ニガイメ記)それが膨大な量でして。 エレベータのないオンボロ雑居ビルなものだから、ひたすら
もなかを... // 2007.08.20 // 07:50
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。