FC2ブログ
<< 2018年10月 >>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト    --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「初音ミクの声優さん」を語る    2009年02月24日 (Tue)
ども。あくびです。

なんやかんやで僕はネットサーフィンを良くやる方でして。
サーフィンと言うからには冬場でも毎朝湘南にくりだしちゃうくらいでして。
湘南にくりだして、湘南の海の近くのマンガ喫茶でネットサーフィンしちゃうくらいでして。
となると、単なるアウトドアな引きこもりなわけでして。

んで、ネットサーフィンしていると、大抵の動画サイトに「初音ミク」ってのが出てくるんですよ。
簡単に言うと「ロボットボイスで歌を歌わせるソフト」です。

通常、自分の作った歌を女の子に歌わせるには、
1)職業として、音楽プロデューサーや作曲家・作詞家になる
2)歌のうまい女の子とコミュニケーションができ、なおかつ歌ってもらう交渉をする
3)ひょんなことから共同生活がはじまったタケシとユミコだったが、お互いの夢を共有したことにより、次第に惹かれるようになった。だがそんなとき、タケシは病におかされ、余命3ヶ月と宣告される。タケシは残り少ない時間で、自らの夢である「作詞作曲した歌を好きな女の子に歌ってもらう」という夢をユミコに託す。ユミコもまた、歌手デビューするという夢を、タケシの歌で叶えようと必死に努力する。その甲斐あってユミコはCDデビューをはたす。だが、タケシの命はもうすでに消え入りそうだった。舞台は病院の一室。観客ひとりだけの、最初のコンサートがはじまる・・・

と、このくらいしかないと思われていました。
ですがこの「初音ミク」とパソコンさえあれば、簡単にプロデューサー気分というすぐれものです。
ひょんな共同生活をしなくても余命三ヶ月にならなくても、女の子に好きなだけ自分の作った曲を歌ってもらえます。

で、そんな手軽さも受けて、めちゃくちゃ人気なわけです。
動画サイトでも初音ミクの名前を見ない日はないくらいです。

で、思ったんだ。
初音ミクには元となる音声を録音した「声優さん」がいます。
この人がたくさんの言葉や音程を録音し、それらをベースに作ったのが初音ミクです。

この初音ミクの声優さんである人は、今の初音ミクブームを受けて、どう思ってるんだろうか。
自分ではない仮想の自分が飛ぶように売れている現状は、うれしいのだろうか悲しいのだろうか。
そして、僕のように変態は、間違いなく淫語をしゃべらせます。
そういった羞恥プレイにも耐えられるのだろうか。

いずれにせよ、一度合って話がしてみたい限りです。

あと、ラジオ更新258枚目。
スポンサーサイト
トラックバック(0)コメント(0)
<<「とらドラ!」を語る home // 「シェアハウス」を語る>>
コメント
トラックバック
トラックバックURL
http://gyuunyuubin.blog86.fc2.com/tb.php/104-cb3148a9
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。