<< 2007年02月 >>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

スポンサーサイト    --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2007年02月26日 (Mon)
ども。あくびです。
最近、もう楽しみで楽しみでしかたないことがあります。

そう。
ビートルズの来日です。
ジョンやポールが日本に来る、それだけでもう夜も寝れません。

はい。
ジョークジョーク。

正解は、あたしの住んでる町に新しい本屋さんがオープンするのです!
やったー!やったー!
もうさ、本屋ってのは何軒あってもいいんだ。
だってその本屋さんで品揃えががらっと変わるもんだから、同じ本屋はひとつもないわけですよ。
だから何軒でもウェルカムです。
正直、近所の商店街の9割9分9厘本屋でもいいです。
松屋で豚丼頼んだら松本清張の分厚いやつが代わりに出てきても文句は言うまい。

早くオープンしないかなぁ。
あといくつ寝ればいいのかなぁ。
スポンサーサイト
トラックバック(0)コメント(0)
    2007年02月24日 (Sat)
ども。あくびです。
最近ちょくちょく東池袋駅そばのTUTAYAに行きます。
品揃えはいいし、曜日限定値下げも充実してるし、駅から近いし言うこと無いわけです。

そしてなにより。
落語が結構充実してるのです。
実はTUTAYAって落語のCD結構おいてるんですよ。
演歌コーナーとか、その辺にね。
一度探してみてよ。
意外にどこの店にもあるんだって。

はてさて、あたしが足しげく通ってるTUTAYA。
どうにも腑に落ちないことがひとつ。
CDをレンタルして、それを一週間後に店頭で返しますよね。
そのとき、「ご確認しますのでそのままお待ちください。」って言われます。
まあ、それもありがちですよ。
問題はその後。
そこのTUTAYAはCDが傷つかないように、ビニールの袋にCDを入れています。
確認するときは、
①ビニールの袋からCDを取り出す。
②CDが入ってるか確認する。
③CDをビニールの袋に再び戻す。
を1枚1枚やるわけです。

あたしは結構おおらかな方だとは思ってるんですが、さすがにちょっとつらいです。
5枚借りたら、5枚分、それを待ってるわけですよ。
結構長く感じるものなんです。

しかも手際の悪い新人君なんかが、
「なかなかCDをビニールの袋に入れられない」
みたいなことをし出すと、
「もうかして!あたしがやるから!まったく。これだからグズ男は!」
みたいな気持ちになっちゃいますよ。
「せんぱーい、グズ男って言わないでくださいよー。」
「うるさいわね。グズにグズ男って言って何が悪いのよ。」
「・・・そっか。じゃあ、こんなグズ男のあげるものなんて、受け取ってくれませんよね。」
「何よこれ。指輪じゃないの。・・・まさか、あたしに?」
「でも、ぼくグズだし、先輩に迷惑ばっかりかけてるし・・」
「まったく、ほら。グズグズしないで早く指輪はめなさいよ。」
「・・先輩?」
「ふ、ふんだ。グズ男にしては、プロポーズはそこそこ早かったかな。」
なんて展開を妄想しちゃいますよ。ついつい。

さらに、借りるときも同じことをやるんですよ。
だったらなんかさー。
対策は無いものかね。
レントゲンみたいにケースをいちいち開けなくても中身が確認できるとか。
乾くとゴムっぽくなって、傷を防ぐことが出来る便利な塗料を塗るとか。
あと一歩なんだよなー。
がんばって欲しいよ。

あと、ラジオ更新124枚目。今回から入社後の話になります。
それから、調子の悪かったポッドキャストを修正しましたので、そちらもお試しあれ。
トラックバック(0)コメント(0)
    2007年02月22日 (Thu)
ども。あくびです。
会社の先輩で、急にメガネをかけ始めた人がいまして。

①いつもコンタクトだけどたまたまメガネにした。
②ゲームボーイ(初期型)のやりすぎで急激に視力を落とした。
③バカには見えないメガネで、最近あくび君が「バカ」から「ややバカ」にレベルアップしたから見えるようになった。
④ものすごい強風で、どこからか飛んできたメガネが偶然装着されたが、本人は気付いていない。
⑤「2月はメガネをかけていないと死んでしまう病」
⑥「2月はメガネをかけていないと死んでしまう教」

順当に考えて①だろうなぁ。
個人的に④だったらとってもうれしいんですが。

んで、結局どれもハズレ。
正解は
「花粉症で、ついつい目をこすってしまうから、メガネでそれをガード」
でした。

そうなのよ。
花粉症の季節らしいのですよ。
「らしい」といったのは、あたしが花粉症なるものにかかったことがないからです。
花粉症の人からみれば「よかったね」と思うでしょう。
実際あたしも「よかったね」って思ってます。

ただね。
ちょっとだけね。
ちょっとだけだけど、うらやましかったりもするのよ。
だってさ、もしこのままあたしが花粉症にならないまま年をとっていったら、一生「花粉症」なるものを知らずに過ごすことになるよね。
なんかそれって寂しいじゃん。

そうだなぁ。
理想としては、大往生直前に花粉症になり、くしゃみであの世逝き。
これだね。
トラックバック(0)コメント(2)
    2007年02月20日 (Tue)
ども。あくびです。
前にゲーム好きだけどプレステ2を持っていないっていう話を書きましたが、ではそんなあたしがゲームやりたい禁断症状をどうやって解消しているかというと、ゲーセンなんです。

家ならさ。
赤い帽子のひげ親父が何度亀に噛み付かれようと、
鎧の下はパンツ一丁のおっさんが何度白骨死体になろうと、
スタートボタンひとつで無限にプレイができるじゃない。

だけど、ゲーセンは違う。
ゲームオーバーで確実に100円取られるんですよ。
もう、緊張感が全然違うね。
この「100円の重み」が好きで、よくゲーセンに行きます。

最近のお気に入りは「スーパーストリートファイターⅡX」
なんかいろいろ付きすぎてわけわかんないですね。
「TMレボリューションターボタイプD」と同じくらいわけわかんないですね。
まあ、言ってしまえば「ストⅡシリーズの最終型」です。
もう、大変にゲームバランスがよく、いまだに大会が開かれるほどなんですよ。

で、あたしは最近「ガイル」ってキャラにぞっこんでして。
対戦格闘ゲームって、いまや1キャラが何十個も必殺技を持っている時代で、なんかもう必殺技の叩き売りなんですよ。
それがいまだに「ソニックブーム」と「サマーソルトキック」のふたつだけ。
いいね。
いいよ。
ガイルいいよ。
職人気質のおっさんみたいでいいよ。

母さん。
今日も僕は、ひたすらソニックブームを打ち、ジャンプしてきた相手をサマーソルトキックで落としています。
トラックバック(0)コメント(2)
    2007年02月18日 (Sun)
ども。あくびです。
今日はTOKYOマラソンでしたね。
最初のうちは、
「どうせあれだろ。日暮里あたりで同じところぐるぐるまわって『はい!TOKYOマラソンでっす!』みたいなことだろ。」
とか思ってたんですが、なんかもうえらい交通規制して、ものすごい大掛かりにやるんですね。
石原知事も目をぱちぱちさせながら、スタートとゴールに出席してたし。

あたし、思ったんだけども、こんな機会滅多に無いよね。
東京のど真ん中を堂々と走れるなんてさ。
皇居前を走りながら、栄養補給用に用意されたバナナをむしゃむしゃ食べる機会は、もうTOKYOマラソンぐらいでしょ。
浅草をバナナをむしゃむしゃしながら通り過ぎることなんて、TOKYOマラソンしかないよ。
っていうか、バナナ結構余ってたみたいだし、かなり食べ放題な感じだよね。
っていうかもう、バナナを食べるために出場したいなぁ。

よし。
来年でるよ。
あたしのくじ運で出場権がゲットできるかは疑問だけど。
もうバナナ食いまくりですよ。

あと、ラジオ更新123枚目。
トラックバック(0)コメント(0)
    2007年02月16日 (Fri)
ども。あくびです。
あたしは毎週ファミ通っていう雑誌を読んでいます。
つまりは、ゲームの雑誌ですね。
まあ、こんなことを書くと
「えー、あくび君ゲームの雑誌とか読んでるの?アキバ系なの?もえもえなの?メイドカフェなの?あ、つまりあくび君のうちってメイドカフェを経営してるの?」
とか言われそうですが、
っていうか、こんなことを平気で言っちゃう暴走プリンセスがいればぜひともお会いしたいですが、
じゃあゲームをすごい持っているのかと言われると、答えはノーなんですよ。
普段そんなにっていうかほとんどゲームしません。

じゃあなんでファミ通を読んでいるのよ!
そんなの、童貞がヴァンサンカンを読むようなもんじゃない!
そんなことをお思いでしょうが。

あまいな。

あたしにはある計画があるんですよ。

そして、そろそろ計画を発動しようと思ってるんですよ。

そう、「プレステ2が安くなったら買っちゃおう!ついでに欲しかったソフトも安くなってから買っちゃおう作戦」だ!

うん。
ゲーム好きなのにプレステ2もってないんだよね。あたし。
なんか高いなーとか思ったらどうしても買えなかったんだよね。
根が小心者なんでしょうね。
でもゲーム好きだから欲しいソフトは毎週チェックしてるんだよね。

ああもう、自分のこういう保守的なところ超ダメだね。
もう勢いでぱーっと行って「大将、プレステ2、600台くんない!」とか言うべきなんだよ。ゲーム好きならさ。

でもなー。
もう少し待てばもっと安くなると思いません?
事実プレステ2はどんどん値下げしてるし、プレステ3の影響で今もどんどん値段が下がってるし。
なかなか踏み切れないんだよおね。

多分、あたし株とか向いてないね。
もう少し安くなったら買おうとか思ってて一生買えないパターンですよ。

うーん。1万円切ったら買いかなぁ。
トラックバック(0)コメント(0)
    2007年02月15日 (Thu)
ども。あくびです。
最近デジカメを買いまして。
パナソニックの「LUMIX」ってやつで、まっくろのボディーでちょっとレトロチックで、マニュアル対応で、レンズはライカ製という大変に隙の無いカメラなんです。
もう一目ぼれでね。
正月実家で買いました。
ヤマダのポイントカードは根こそぎ親父が持ってったのは少し釈然としなかったですが。

とにもかくにもにわかにカメラブームが起きまして。
休日なんかはデジカメ片手に自転車にまたがり、止まってはぱちり、止まってはぱちりとやってます。
猛スピードで漕いでたと思ったら、数秒後突然止まり、また猛スピードで漕ぎ始める。
はい。
奇行ですね。
はたから見ればね。

デジカメって便利だよ。
うん。
改めてそう思うよ。
ただね。
もうひとつ欲を言うならば。
デジカメって起動までに5秒ほど時間がかかるでしょ。
この5秒でシャッターチャンスが逃げてしまうこともあるんだよ。
あたしの場合は特に自転車に乗ってカメラを使うから、
せっかく「デコチャリに乗った中学生2人組み」を見かけても、写真に収めることができないんですよ。

あれだな。
強く瞬きすると写真がとれる眼鏡とかないかな。
絶対うれるのに。
あと、植草教授にも売れるのに。
あ、だから売り出さないのか。
トラックバック(1)コメント(0)
    2007年02月14日 (Wed)
ども。
あくびです。
あたしのうちのそばに、超激安のお菓子やさんがあります。
あるときはチョコボールを20円で売り、
あるときはキシリトールガムを30円で売り、
「え?なに?どっきり?」的なサプライズを僕らに提供してくれる、
その名も「おかしのまちおか」だ!

わーーー
わーーーわーーー

はい、静粛に。

おかしのまちおか、ほんとラブです。
多分、どっかの在庫を大量に仕入れてきて、店頭でそのびっくり価格の商品を客よせにしているんだろうけど。
それにしたって安すぎだよね。
重宝してます。

そんで、今日のおかしのまちおか目玉商品は。
「仮面ライダーチップス復刻版」
お値段・・・














11円也。




はいでたー。
はいやりすぎー。
間違いなく原価それ以上でーす。
思わず6袋も買いました。
こんだけ安いんだから、カードが付いていなくてもまあ諦めるよねってなもんだけど、

ちゃんと付いてるのです。
しかも2枚入り。
おいおい、大丈夫か?
なんか悪い気がしてきたよ。

荒川の町工場で、数ヶ月前は「このライダーチップスで借金返済だー。お父ちゃんの頃はもう大人気だったんだから、今出してもどんどん売れるぞー。」とか意気込んでたのに、今じゃただただ青ざめるだけの中年男性の姿が目に浮かんじゃうけども。

まあ、それはさておきですね。
このライダーチップスについてる付録のカード。
いい。
すごくいいよ。
子供の頃って、悪者のカードとか全くもってウェルカムじゃなかったじゃん。
今はライダーよりも怪人の方が魅力的に映るね。
「時速300キロで走る」とか
「触覚から猛毒ガスを噴射する」とか
もう、たまりません。

今、あたしの中でにわかに仮面ライダーカードブームと大相撲カードブームが到来中。
少しの間、見守っててやってください。
トラックバック(0)コメント(3)
    2007年02月13日 (Tue)
ども。
春眠亭あくびです。

先週の土曜日、久しぶりに寄席に行きましたよ。
上野の鈴本、夜の部ね。
もうこれを見ただけで落語をちょいとかじったことのある人なら
「おっ、鈴本の夜にふらっと入るなんざぁ、お兄さんわかってるねぇ。どうだい?一緒におどらない?そして、抱いて?」
ってな具合になるってもんだ。
っていうか、このキャラは男なの?女なの?相変わらず思いついたことをただただ殴り書いてるな!お前は!





はい。とりみだしました。
早い話が、上野鈴本演芸場っていう所の夜の部は、芸人さんの持ち時間が長めなので、その芸人さんの噺をゆったりじっくり聴けるんです。
他の所だと会場がやっとあったまってきたところで
「はいつぎのばーん。はいこうたーい。はいだめー。はいきんしー。はいかわってー」
なんてことになって、「まだ聴きたかったのになー」と思うことが多々あるんですが、上野鈴本夜の部はそれがないのでいいんですよ。


そんでその日のトリは三遊亭金時さんで、高座にかけたのが「井戸の茶碗」って噺で、まあ江戸っ子が好きそうな美談で、僕の大好きな志ん朝師匠の井戸の茶碗はテンポが良くって絶品なんだけど、金時さんのもなかなかどうして細部に気を使ってて、細川家家来の高木左太夫の清廉潔白っぷりはもう見事としか言いようがないくらいで、、、


でたよ。
あくびさんの暴走。
だから落語ネタはあまり扱わないようにしてたのに。
わからないっての。
千代田氏とかわからないっての。
なんなの?
なぜわからないってわかってるのにわざわざ話をするの?
女子の気を引きたいの?
「おれ、ワインはちょっと詳しいんだ。ロゼのボジョレーがシャルドネなんだぜ」
「わー、すごーい。抱いてー。」
みたいなことを望んでるの?
バカなの?






はい。
バカです。
でもめげずに書きます。

で、大変にその寄席は良かったんですが。

前にいた中年男性。
これが夫婦で来てたんですが。
何なんですかね。嫁さんにいい所見せたいんですかね。
なんかこう、目立ちたがるんですよ。

具体的に言うと、
妙に拍手がでかい。
っていうか、うるさい。
あと、空気の読めない拍手をする。
なんか、全校集会とかで拍手があって、一番最後まで拍手してて
「いえーい、おれが拍手最後だぜー」
みたいなやついたでしょ?
あんな感じで、
「おれがこの寄席を盛り上げてるんだぜ?おれの拍手あっての笑いなんだぜ?」
みたいな雰囲気プンプンで、噺家さんが喋ってるのに拍手をやめない。
もてたいって気を持つのはいいけどね。
ひとつ言わせてよ。







小5か。
トラックバック(0)コメント(0)
    2007年02月09日 (Fri)
ども。あくびです。
最近あたしはあるテレビ番組が大好きです。
「あれ?あくびさんはへそ曲がりがこんがらがったようなへそ曲がりな人だから、世間一般の人が観るような番組は見ないんじゃないの?」
と、お思いでしょう。
うん。そのとおりです。
何せ、あたしの大好きな番組は


「あるある大辞典」ですので。
そんで、なんでそんなに好きになったかったいうとですね。



納豆が安くなったのです。あの一連の騒動で。
ありがたいね。
もう、本当に安くなりました。
だって通常100円くらいが納豆の相場なのに、80円なんだもん。
確か納豆ってね。
大豆と納豆菌を白いお馴染みのパックに入れて封をして、数日寝かせれば勝手に出来上がりってな具合なのよ。

多分、たくさんたくさん作っちゃったんだろうね。
寝かせてる途中で「すいませんでしたー」なんてことになって、
「あの倉庫には何もない、何も入ってない」って言い聞かせてる工場長が目に浮かびます。

まあ、あたしのように元来納豆好きでひねくれ者にとっては願っても無い機会なので納豆食ってるんですが。
あたしが食べてる納豆、というよりは「80円でセールをしている納豆は」といった方が正しいけども、
それが「金のつぶ ふわとろ納豆」っていうんです。
まあ、大体この手のふわとろみたいなネーミングはおおげさなもんで、「ちょーふわふわファープレゼント」みたいな女性誌の付録はだいたいたいしてふわふわしてないし、3日で毛が全部ぬけるのが関の山ですが、
このふわとろは違う。
本当に、ふわとろなんです。

なんかね。
混ぜる前に、透明の液体を入れるんだけど、多分この液体がミソなんだろうね。あれよあれよという間にふわとろの出来上がりです。
20回くらいかき混ぜるだけで、通常納豆を1000回かき混ぜたくらいのふわとろ具合ですっていうかそんだけかき混ぜたらもはやひきわり納豆だろうけどね。

本当にうまいんです。
だけどさ。
気になるのがね。

あの液体だよ。
異状だもん。あのふわとろは。
納豆って体にいい食材だけどさ。
あの液体のおかげで、なんかこう、釈然としないんだよね。
なんなんだろうか。
気になる。

あと、ラジオ更新122枚目。


トラックバック(0)コメント(0)
    2007年02月01日 (Thu)
ども。あくびです。
ラジオ聴いてたら、「チューリップ解散」なんてニュースがやってまして。

黄色のチューリップ:「いいよな、赤いチューリップは。いっつももてはやされて。同じチューリップなのにおれはちっともぱっとしないよ。色が違うだけなのに。
白いチューリップ:「ほんとよね。私なんか赤いチューリップの引き立て役になってるんだから。」
緑のチューリップ:「お前らなんかまだいいよ。おれなんかそもそも存在しないんだから。幼稚園児の絵の中でたまーに見かけるだけなんだから。」
黄色、白、緑:「もういいよ!解散!」



以上、チューリップの解散でした。
というわけではなく、そういう名前のバンドが解散したって話ね。
あ、話が前後しまくるのは仕様ですからそのつもりで読んでくださいね。

そんでまあ、チューリップなどというバンドは存じ上げなかったわけですが、「チューリップの代表曲」として流れてきたのはどれもこれもしってる曲ばかり。
サボテンの花とか、チューリップの曲だったのね。
知らなかった。
いや、ほんと、恥ずかしい。

そんで、あらためて思ったんだけど、いい曲ばっかりだね。
今の商業主義的なにおいがプンプンする曲に嫌気が指していたあたしとしては、久しぶりにこう、音楽っていいなぁとか、がらにもないことを思ってしまいました。
いや、別に商業主義的な音楽がいけないって言ってるわけじゃないからね。
ただ、あたしがあんまり好きじゃないだけ。


しっかし「青春の影」は名曲だ。
最初のピアノの伴奏のところなんか、ほんと、きゅんって来るよ。
歌詞も、ぐっとくるし。
明日さっそくベストを買いに行く予定ですよ。
一応、どんな曲か聴きたいって人は、
http://pc.music.jp/
ここでチューリップって検索すると試聴できますんで、チェックしてください。
ああもう、あんまり良すぎておもしろを入れるのを忘れたよ。
はずかし。
トラックバック(0)コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。